ニッピコラーゲンナノアルファの生コラーゲンの嬉しい保湿力

ニッピコラーゲンナノアルファに含まれているコラーゲンは、生コラーゲンと呼ばれているものです。この生コラーゲンには、それ以外のコラーゲンにはない高い保湿力があります。もちろんヒトを始めとする生物の体内に含まれ、皮膚の弾力性を保っているのは生コラーゲンです。ニッピコラーゲンはこの生コラーゲンにこだわって製品化しているわけです。
そもそも単にコラーゲンといった場合は、この生コラーゲン中にあるたんぱく質の中の、特徴的なアミノ酸配列をもっているペプチドだけを指すことが多いです。要は全体的な構造ではなくて、その中の一部の構造物をコラーゲンと称しているわけで、全体とは異なる特徴を持っていて当然です。
より詳しく言えば、この特徴のあるコラーゲン分子は繊維のようになっていて、それが3本より合わさったものが生体内にある生コラーゲン、ニッピコラーゲンなのです。1本ずつの繊維であっても、あるいはその繊維の長さが多少短くても、特徴的な構造を有している限りはコラーゲンと呼ばれることは化学的には間違いないのですが、本来はある程度以上の長さを持ち、かつ3本の繊維がより合わさった構造をとっているのです。ニッピコラーゲンはこれです。そして、このより合わさった構造のために、繊維の周囲やその内側に十分な量の水分を保持することができるというのが本来の生コラーゲンの特徴であり、これは1本の繊維、あるいは短い繊維では有しえない特徴ということです。ニッピコラーゲン効果も気になりますね。